Weiss(ヴェイズ)のチョコレートがお店に並びました。

こんにちは。

本日より、フランスのアルザス地方で生まれたWeiss(ヴェイズ)のチョコレートがお店に並びました。
自称食品部な私としては・・
a0156133_12241016.jpg

本日よりチョコアドバイザー(・・ってなんだ?)の気分・・。

4種類のタブレットタイプのカラフルパッケージ。

フランス人でチョコが嫌いという人はまずいないという位、チョコレートが大好きな国なんですって・・♪

単に子供のおやつとかではなく、子供からお年寄りまで、悲しい時や気分の沈んだ時なんかの常備薬みたいに自宅に何枚もあったり・・、イースターは有名ですが、そうじゃなくたって何等かのお祝い事にさらっとチョコを渡す習慣があったり・・。

今回、並ぶチョコレートは今後少しづつ連載いたしますが、

ワインが産地やブドウの種類によって個性が異なるように、チョコレートもカカオ豆の産地によって風味が決まってゆくんですね。

特にフランスのチョコレートって、カカオ豆の苦みや酸味はもちろん、フルーツやナッツ、クリームといった含まれるもの全ての個性や魅力を引き出す事で、
「本来のチョコレートの楽しみ方」を教えてくれる気がします。
a0156133_12262370.jpg


この時期なので・・バレンタインもちろんありですが、個人的には、大人も子供もチョコレートがこんなに楽しいお菓子だったって再認識して頂けたら幸いです♪

こちらチョコレート、系列店L'HOMME BLEU、L'HOMME BLANC、Surd、Augustaでも展開しております。

是非、お店でご覧になってみて下さいね。

no14 田代
[PR]
by mgmg1224 | 2014-01-18 12:29 | Comments(0)