<   2011年 03月 ( 6 )   > この月の画像一覧

気仙沼

叔父の家に、昨日行ってきました。

「言葉もなく涙もなく、なんの感情も生まれない」

これで二度目です。

一度目は母が死んだ時
二度目は昨日

私の勝手な解釈ですが、気仙沼の人ってとても草花を愛し、畑を丹念に耕し、自分の庭や畑をわが子同然に愛しています。

丹念に育てたブルーベリーの根元に車のタイヤが食い込んでいた事がおじちゃんもおばちゃんもとても心配していたとの事で皆で思考錯誤車を動かし、ブルーベリーの救出に成功しました。

津波の猛威に耐え、新芽が沢山顔を出していたブルーベリー。

蘇りそうな鉢植えは何個か家にもって帰りました。
また蘇り、気仙沼に帰る日がくるといい。

昨年の夏におばちゃんと、中心部を散歩して
いろんな花を見て、市場の近くでカキ氷を食べて
三陸独特の美しい色の海をみて

ない、全部ない。歩いた場所が全てない。

ただ、自衛隊のけしてぶれない精神の強さ
人々のあたたかさ
海水まじりの土から咲いていたタンポポ

なんだろうこの気持ちは。。

とりあえず、行ってよかったです。
行けてよかった。


a0156133_1357425.jpg

[PR]
by mgmg1224 | 2011-03-30 14:45 | それなりに徒然 | Comments(0)

まだ生きている

ある人が日記の最期に記した言葉です。

あまりに震えたその文字に
後にそれを見た私は、
生をあきらめたから書いたのだと、
思いこんでいました。

その人がなくなって、
どこか、自分が生きている事への引け目を感じながら
随分長い事いたような気がします。

一年程まえだったでしょうか?
その人の最期の言葉をもういちどみました。

まだ生きている

そのあと二行。

オレンジジュースがおいしい。
うれしい。

前に読んだ時、その二行はみなかった。

そうか、諦めていなかったんだ。
ただ、生きている事が嬉しかったのだと。

私の合理的解釈に過ぎませんが、
その時初めて、長く自分の中にあった何かがとけていきました。

本当は、満たされる事って
凄く凄く小さな事

オレンジジュースがおいしい事。

今これを書くのは何故かわかりませんが。

お母さんありがとう。
[PR]
by mgmg1224 | 2011-03-21 22:24 | それなりに徒然 | Comments(0)

お客様からのお電話

祖母が震災前がら身体が弱っています。

入院できましたが、病院の方でも応急処置しか出来ない現状(重病以外)が仙台は続いています。
沿岸の方や孤立状態の地区も多々ある中で贅沢も言えないのも現状。

いくら要介護とはいえ、ここはどうか我慢して頑張ってもらわなくてはと・・。

おかゆしか食べてくれないので、パンがあればと思っているのですが。
作るといっても・・材料が最低限しかないのでどうしたらと、本日立ち寄って下さったお客様とお話していました。

お子さんがいらっしゃる方もアレルギーやアトピーを持つ方など苦労いますね。

あとからお電話が・・。
簡単に作れる方法をわざわざ教えて下さったのです。

そのお気持ち・・本当にありがたいです。

嬉しいですね。人の知恵、それこそACじゃないけどこころづかい。
[PR]
by mgmg1224 | 2011-03-21 14:19 | それなりに徒然 | Comments(0)

ずっと待ってます。

その言葉しか見つからず、一言メール。

そうだね
ありがとう。
ありがとう。

の返事。

こちらこそ、ありがとう。

ずっと待ってますから。
[PR]
by mgmg1224 | 2011-03-20 17:45 | それなりに徒然 | Comments(0)

活かされた人

今回の震災で、多くの人が犠牲になりました。
まだ、人を待ち、そして人を探す人も。

待つという事がこんなにまではがゆく、たった一日がこれ程まで長いのかと。

私は、服屋です。
ある時は、お洒落な服になんの意味があるのかさえも解らなくなってしまいました。

モノとは一体何なのか、そして私の仕事は?

衣類は何かが変わる一つのツールに過ぎません。
この先仙台でも、前を向こう前を向こうという人が増えた時この空間、服に会いに来てくれる事でしょう。

気仙沼の叔父より先日無事との知らせが来た時
「もらった薬のポーチは持ってこれたぞ」と告げられました。
以前プレゼントしたものです。

モノもその人を繋ぐ絆になると改めて知ったとき。

私はこの店で何かのきっかけを、そしてここにいようと、ためらいもなく思えました。

幸運にも「活かされた」私。
とても無力でちっぽけだと腹が立つ時もあるけれど、
私の様に活かされた人間ひとりひとり、どんなに苦しくても、「幸せと健康」である事の責任を全うしなくてはなりません。


今日、お店でこのブログを書いています。

仙台の中心部に位置するこのお店。
混乱は続きますが、今日もまた一歩前に進んでいます。
[PR]
by mgmg1224 | 2011-03-20 13:10 | それなりに徒然 | Comments(0)

東北関東震災

ひさしぶりのブログです。

全く、今までとは違う内容ですが・・本当に書きたくなりました。

メディアでご覧になっている事ですので、内容はさておき。

こんな事があって良いのかと・・言葉になりません。
気を張って元気な時と不安で仕方の無い時
人の感情・心理の連鎖

人間の弱さとまた優しさを毎日毎日学び、そして、どんな時も「心が豊か」である程大切な事はないと感じます。

私は仙台にいます。
以前として、皆が不安を抱え、食料・ライフラインも不安定なまま。
そして沿岸部では、築きあげた財産が命が、いとも簡単に流れてゆき
福島では原発の影響。

これは本当に現実なのか・・。
それを考えると不安しかありません。

ただ・・、誰かの優しさや気遣いに触れ、見ず知らずの方と分かち合い、たった少しの事が嬉しくて胸がつまってしまうのです。

少し、誰かと繋がった時、やはり人は強いのだと・・豊かな心が豊かな心を呼ぶのだと。


「歩く人が多くなった時、それが道になる」
明るいでしょうか?暗いでしょうか?


自分を試す時だと思っています。

過去私はきっと優しくなかったかも。
自己中心的だったかもしれない。
気遣いを忘れていたかもしれない。

今ある現状をしっかりと受け止めてみます。
[PR]
by mgmg1224 | 2011-03-19 16:33 | それなりに未分類 | Comments(0)